他人に求められる自分より

自分の求める自分になろう

迷子になった時の溜まり場

女性セラピストの保健室


 

『自分のために自分を生きる』

そんな当たり前のことを忘れてしまうくらいに

 

誰かを思い誰かをケアする仕事というものは

そんな職業であるセラピストというものは

時に他人軸になりすぎる生き物です

 

セラピストとして開業している方は特に

他人に好かれる自分

他人に求められる自分

売れる自分

そんなことばかりに意識がいくうちに

 

大好きな自分のことを忘れます

 

 

自分を見失って

『なんかうまくいかない』を引きずりながら

 

 

集客ができない

時間がない

お金がない

技術もない

 

 

焦るほどに

無理して頑張るほどに

心も体も調子が悪くなって

健康を失ったり

余裕がなくて大事な人を傷つけてしまったり

 

 

ますます自分の存在意義を見失い

価値のない人間だと思い込んでしまう

 

 

でも、好きな自分でない現状のまま

誰かに求められる自分になっても

幸せなのでしょうか?

 

それよりも

好きな自分を好きになってくれる

そんな自分を良いと思ってくれる人たちに

勝手に求められている

そんな状況の方が幸せではないでしょうか?

 

 

セラピストの前に

ひとりのかけがえのない存在であることを思い出し

自分の幸せについて本気で考える

 

そんな時間を作りませんか?

 

 

 

そんな女性セラピストの体と心を支えるための

 

そんな女性セラピストの幸せを願い寄り添う

 

ひめセラ【女性セラピストの保健室】です

 

 

 

 

 

 

 

ちょっとのぞいて行こうかな

な気分の人はnoteをどうぞ

 

 

 

 

直接相談&遠隔施術

オンラインセッション希望の方はこちら

(対面希望の方は整体の時間・料金と同じです)