· 

腎臓シリーズ【感情】

 

こんにちは!

 

sarumeの清水美幸です

 

 

 

我が家に拾い鶏のこっちゃんが来て2週間ほどとなりました

 

 

 

あ、ここで注意です!

 

拾い鶏は奈良ではよくあることではありませんよ!w

 

警察の方も初めてで書類など困ってましたw

 

 

 

花菜ちゃん(キャバリア)とも仲良しです(´m`)

 

むしろ関係性としては、こっちゃんが優勢ですw

 

 

 

さてさて、今日のお話は腎臓シリーズ

 

 

【感情】についてです!

 

 

 

五行である 木火土金水 に

 

色体表には

 

五情である 怒喜思悲恐 が

 

書いてあるので

 

 

 

よく木は怒りっぽいとか、金は悲しみやすいとか説明されているものがありますが

 

誤解です(*бωб*)w

 

 

 

 

そうじゃないんだなー

 

 

それは作者のきもちと歴史までを汲み取れていない解釈です

 

それに、実際にその解釈では使えません

 

 

 

 

ではでは、今日はテーマが腎臓なので

 

腎臓でお話ししていきますと

 

 

 

 

腎(水)の五情は【恐】

 

でも、腎の人はいつも何かにビクビクしているわけではありませんよw

 

 

 

 

例えば、うちの旦那さん

 

超がつくほど腎タイプなのですが

 

ビクビク怖がっているところなんかは

 

みたことありませんwww

 

 

 

しっかり自分の考えを持っていて

 

常に冷静に物事をしっかりと考察し、思慮深くし解釈するので

 

そんな見方ができるなんて!!!と、菩薩かと思うことさえあります(゚Д゚)

 

 

 

そう、腎(水)タイプの人って

 

『深い』んです

 

 

 

イメージがわかなかったら

 

自然界を見るのが東洋哲学の鉄則です

 

 

 

水って山から川へ海へと下へ下へと流れます

 

そして水って溜まりますよね

 

 

大きいイメージだと海

 

小さい身近なイメージだとコップに入れた水でしょうか

 

 

 

なので、『溜める』のが大好き

 

知識も物も溜めやすい

 

頭が良いor収集家が多いですね

 

 

 

知識を溜めれば頭が良い人

 

物を集めれば収集家

 

 

 

逆に物が捨てられないので

 

我が家も旦那さんの捨てられない漫画が(*бωб*)www

 

あまり読まない漫画でも出る度買ってくる

 

『最初は面白かったんだけど、今はなんとなく集めてるんだよなー』と言いながらw

 

 

 

 

なので、先ほど

 

 

しっかり自分の考えを持っていて

 

常に冷静に物事をしっかりと考察し、思慮深くし解釈するので

 

そんな見方ができるなんて!!!と、菩薩かと思うことさえあります(゚Д゚)

 

 

と言いましたよね

 

 

 

頭が良くて、

 

その知識と、感情も深いので思慮深くて、

 

そうやって自分ごとのように考えるくらい

 

人に深く寄り添い、面倒見がいい

(情も上から下へ流れるので、下の人の面倒を見る)

 

集中力もあるのでお勉強もできる

(それが物収集の方に向くとマニアに。でも、その知識がやばい!w)

 

 

 

 

ベタ褒めから始まりましたがw

 

物事は陰陽です

 

もちろん人間みんな陽な局面もあれば陰な局面もあります

 

 

 

 

腎タイプの人の陰な側面から言えば

 

・感情が表に出にくい

 

・あまり言葉に出さない

 

・水が氷になるように一度心を閉ざすと頑固にw

 

・集中していると周りの人が話しかける声も聞こえないくらい集中w

 

・怒る時には表情や態度には一切見えないくらい静かに怒りを溜めに溜めてから怒る

 だからこのタイプが怒ったら超怖い

 

・収集癖、捨てられない癖が過剰になると置き場所がなくなって家族が困る

 

 

といったところでしょうかヽ(^ω^)ノ

 

 

 

 

あなたには腎(水)タイプっぽさはありますかー???

 

 

 

 

私のこんなところは腎タイプっぽさなのかなー?

 

 

そんなご質問も大歓迎ですよヽ(^ω^)ノ

 

 

 

 

*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*

 

腎臓のきもちを知りたくなったあなたへ

 

9月11日(日)は『腎臓のきもち』講座

 

◎どこでも参加OKなオンライン

◎オープン講座ですので参加無料です

 

詳細はこちらをご覧ください

 

*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*