· 

右肩痛と生理不順

今日は症例報告です!
 
 
 
 
 
 
右肩が上がりにくいことがある
 
猫背で姿勢が悪い
 
冷えや生理不順、便秘も気になる
 
という20代女性です
 
 
 
 
右頚部痛もあり、
今年から頻繁に鎖骨の下にも痛みが出て
 
痛くて右肩を回すような動きができないとのこと
 
 
 
 
 
生理不順は、
リズム的には2か月に1回くらいで
 
長く来ない時には半年も生理が来ない
 
 
 
生理痛もひどくて、痛みでフラフラするようなこともあるほど
 
 
 
 
確かに骨盤帯は子宮の状態が悪そうな骨盤のアライメントをしており
 
そういう方は骨盤を触ったときに異様に骨盤回りがむくんでいます
 
 
 
骨盤帯が崩れると、肩甲帯のアライメントも崩れるので
 
そうすると肩まわりの痛みや不調にもつながりやすいです
 
 
 
 
そのため、この方のように骨盤由来の肩甲骨のアライメント不良の方は
 
 
座っているときの肩の筋肉の緊張と、
 
寝たときの肩の筋肉の緊張具合が逆転したりします
 
 
 
座るとダイレクトに骨盤回りの影響が肩周辺の筋肉の制御の仕方に出てくるので
 
 
 
 
 
 
さて、原因をみてみますと
 
 
肝臓と右卵巣でした
 
 
 
 
 
以前はピルや、現在も生理時には痛くなる前に飲んだりと薬の服薬もあるので
 
やはり肝臓に負担がかかりやすいです
 
 
 
 
そして、肝臓は肩甲骨のところにある筋肉と関連があります
 
 
そして、肝臓自体も右側についているので
 
やはり右肩や肩甲骨まわりの症状ともつながりやすいです
 
 
 
 
そして、肝臓が悪くなると、性ホルモンの処理がうまく行われなくなり
 
その結果ホルモンバランスが崩れ、
 
卵巣や子宮の機能にも影響してきます
 
 
 
生理は女性の身体のバランス、不調を
 
わかりやすく表すバロメーターです
 
 
 
逆に、カラダが良くなるとすぐに結果としてそれが、生理の様子に現れやすいです。
 
 
 
生理痛くらい
 
生理不順は仕方ない
 
とあきらめずにご相談ください
 
 
 

 




🔸内臓×ウィメンズヘルス
 sarumeの整体メニューはこちらから
 →整体メニュー


🔸内臓ケアを当たり前の世の中へ
 【毎月開催】内臓のきもち講座
 →内臓のきもち講座

 

 

🔸生理痛・PMS、妊活、産後ケア、更年期

 ワタシのウィメンズヘルス【一般講座】

 →ワタシのウィメンズヘルス講座


🔸セラピスト向け現在募集中の講座
 →和漢メディカルハーブティー講座
 →内臓のきもちセラピスト講座
 →骨盤愛講座