· 

【社会的ストレス】と【子宮】

女性の、特に社会的なところで受けたストレスって
 
 
子宮に影響が出やすい
 
 
 
 
 
 
 
そして、だいたい子宮筋腫子宮がんになった方に
 
 
お話を聞くと
 
 
自分でそのころに、なぜその病気になったのかを
 
 
自分で理解されている方が多い
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
「あの頃仕事がすごく忙しくて毎日終電で」
 
とか
 
「お義母さんの介護で毎日しんどかった」
 
 
とか
 
 
 
 
 
 
皆さんそれぞれのエピソードをお話してくださいます
 
 
 
 
 
こちらからそんな子宮とストレスの関係性を話さずとも
 
 
自分で理解している|д゚)
 
 
 
 
 
 
女性ってすごい!
 
 
そして、
 
 
女性って強いな
 
 
って思う瞬間であります。
 
 
 
 
 
 
 
自分で我慢していたことも、
 
我慢していることで生理がおかしい
 
我慢していたことでなんか体がおかしかってことも
 
 
 
 
 
自分でちゃんと気づいてる
 
 
 
 
だからそういった経験をした方が言うのは
 
 
 
 
 
病院で見つかったときは【やっぱりね】って思った
 
 
自分でわかっていれば、頑張るのやめときゃよかったのにね~
 
 
 
 
 
って言葉が多いです。
 
 
 
 
 
 
頑張りすぎている、日々我慢しすぎている人は
 
 
 
子宮を触るとわかります
 
 
 
 
 
不摂生や冷えとは違う子宮の硬さがする
 
 
 
 
 
 
 
あぁ。。。かなり頑張ってるな~( ;∀;)
 
要注意だな。。。
 
 
 
って思いながら、
 
その人の心の行方と生活・仕事の行方を見守りつつ
 
 
 
 
 
行き過ぎないように、
 
たくさん後悔した人の話をきいているからこそ
 
病気って状態にならないように
 
 
 
 
ちゃんと状態を客観的に見つつ
 
止める時はちゃんと止めれるセラピストになりたい
 
 
 
 
 
 
 
けど、みんながんばっちゃうんだよね。。。
 
 
 
 
誰がなんと言おうと、
 
誰が止めようと、
 
 
 
 
 
 
 
 
ストレス状態になると、それが日々続くと
 
 
血流が悪くなるのはもちろんのこと
 
神経系のリズムが狂う
 
 
 
 
 
 
 
そうすると
 
子宮が正常に排血できなくなる
 
 
 
だから生理痛ってやつが強く起こります
 
 
 
 
 
まず現れる警告サインは【生理痛】
 
 
 
 
 
 
よく誤解されているのですが、
 
生理痛があるのは普通じゃないですよ
 
 
 
 
 
 
体のリズムも、心のリズムも両方大事!
 
 
その乱れを女性って生理が教えてくれるから得なんです。
 
 
 
 
 
 
 
だから、そこを無視して行き過ぎてしまわないように
 
 
ちゃんと忙しい時こそ体のチェックやメンテナンスを!
 




🔸内臓×ウィメンズヘルス
 sarumeの整体メニューはこちらから
 →整体メニュー


🔸内臓ケアを当たり前の世の中へ
 【毎月開催】内臓のきもち講座
 →内臓のきもち講座

 

 

🔸生理痛・PMS、妊活、産後ケア、更年期

 ワタシのウィメンズヘルス【一般講座】

 →ワタシのウィメンズヘルス講座


🔸セラピスト向け現在募集中の講座
 →和漢メディカルハーブティー講座
 →内臓のきもちセラピスト講座
 →骨盤愛講座